2016/06/11 ツクバカラオケ 明和電機ナンセンスマシーン展in大阪

目次

ツクバカラオケ開催!
課題は「おなかひっこめ」と「歌とダンス」
荒ぶる そして大人になる
はりつけられる
絶望 そして一縷の望み
そわそわそわ
緊張の試着
そして事件は起こる
土佐!!
#さばさし
後日談

ツクバカラオケ開催!


これはやっておかないと、一生後悔するやつ…。
曲目とオプションのラインナップは垂涎もの。
さて、何歌って、オプションなににするか。
締め切りは6/6。はよ申し込まないと定員になってしまうー。でもすぐ決められないー。
とりあえず「20周年ライブ」のDVDを見ながら考えよう。

あはははは~!兄ちゃん、おもろい~!
…そうじゃなくて。はぁ、どれも捨てがたい。

曲が決まらんので、先にオプション決めよう。
4年前の明和電機楽器体験フェアで触ったものはこの際おいといて、サバオかぶるか、バリバリ制服着るか…。
サバオかぶるなら、工員さんにもかぶせないと。
でもやっぱりバリバリ制服かっこええなぁ…。着たいなぁ…。
しかし、あの社長のほっそい腰に合わせてあるボンタンは私、入るのか…。
申し込んで、当日入らなかったらどうにもこうにもならん…。
どうしよどうしよ。

まずはウエストサイズの確認。社長にTwitterで聴いてみよう。

いやいや、サスペンダーあるとはいえ、フックはずして踊ったらどえらいことになるわ!
どどどどどうしよ。バリバリ制服着たいー。でも入らんかったらー…。でも着たいー…。
1週間ほどうにゃうにゃ言ってたら、見かねたダンナが「もう、やせたらええやん!今日から特訓や!」と。
よし、これを機会にちょっと(76cm入るぐらいに)やせるぞ!

バリバリ制服着るなら、武田丸持って、工員さんにプードルズかぶせて「ツクババリバリ伝説」か。
パンチくんとレンダちゃんの首飛びも捨てがたい。
いやーん、もう、お金飛んでく~。某6つ子グッズ買いあさってる場合じゃないわ。
バリバリ制服で「ツクババリバリ伝説」なら他の方がやりそう。
連続でバリバリされても見てる方は胃もたれするかな。
じゃあ武田丸はなしにして、
プードルズ+パンチくんレンダちゃんをひきつれて「一番ステキな体で行こう!」で踊りまくろう!
決定!
社長を「ふはっ!アホですね~!」と言わせるぞ!

課題は「おなかひっこめ」と「歌とダンス」

今後の課題は「おなかひっこめ」と「歌とダンス」。
まずは「おなかひっこめ」。
私のステキな体は、ここ5年ぐらい増量につぐ増量で…。
最近は晩酌のビール350ml×2本がデフォルトになり、さらに日本酒にいく時も。
そして一昨年から実家に帰ることが多くなったため、母による「これ食べ、あれ食べ、これも食べ」攻撃に打ち負けていたのだ。
(人のせいにする)

週1回のバドミントンだけではなんともならんのは分かっていたので、
ダンナがどこからか仕入れてきた寝ながらできる体操をぼちぼち始めてみる。
ビールも1本に減らしてみた。思い切って禁酒できない、ふがいない私。
いや、でも、我慢はしているぞ。ちょっとぐらいひっこむだろ?ねぇ、私のおなか。

「歌とダンス」も練習しないと。
「一番ステキな体で行こう!」はもともとサバオちゃんの歌で、
素の社長の歌声の音源はないかとyoutubeで探したら、出てきたのは琵琶湖ホールのときのやつ。

見たかったのはこれじゃない。バリバリのときのって何で見たんだっけな?
そうそう、「メカトロニカ」。サバオちゃんでパリジャンに「ポゥ」って言わすやつ。

バリバリ社長、ダンスきれっきれ!かっちょいい~!
そう、これがしたいんよ。
工員さんにはプードルズをかぶってもらうので一人で踊らなあかんのか。
まぁ派手で盛り上がるかな。
ライブバージョンでの歌詞を覚えるため、「一番ステキな体で行こう!」のところをスマフォ動画で撮って、
通勤中に聞けるようにウォークマンに取り込んだ。
「い・ち・ば・ん・す・て・き・な・か・ら・だ・でい~こう!ハイ!」の「ハイ!」でちょっとジャンプ。
「ドゥワセイ!ドゥワセイ!」の後の間奏に入るところは「ヲノさ~ん!」じゃなくて「プードゥ~ルズ!」って言おう。
動画見ながら2回ほど歌って踊ってみたら、動悸息切れ。
社長、体鍛えてるんやな。すごい。まったくそんな風に見えない。改めて感動。

荒ぶる そして大人になる

それはそうと、明和側からなにも連絡がないな。
ワークショップの申し込み受付の連絡はあるのに、カラオケは音沙汰なし。
初めての企画やし、手さぐりでやってるんだろうな。
と、思っていたら、カラオケ当日1週間前の夜に進行についてのメールが来た。

受付でカラオケ参加すると伝えること、
15時までにステージ前に集まること、
歌う順番は当日までに連絡します、
ご要望があればなんなりと、
カラオケ動画はSDカードでお渡しします、
当日社長は海外出張で不在です。

ん??な、なんて???
当日社長不在!?
なんでやねーーーーん!!!
ほんで今言うかーーー!!!

6/11(土)12(日)に製品説明会もサイン会もないのはそれでか…。
カラオケ同日に申し込んでいた まぴぃさん に連絡。
いくらなんでもひどすぎる、社長に生で「ふはっ!」と言わせたかった、と明和側にメール返信。
あまりにもショックで、なにをどうしていいかわからず、Twitterに まぴぃさん と荒ぶりツイート連投。
Twitterでは社長から当日いないことを言ってもらわないと、
あんまりがっかりしてるとはいえ私がばらすわけにはいかんので、
よくわからない荒ぶりツイートをしている2人をお友達が心配してくれた。
(その節は心配してくれてありがとうございました)

荒ぶるだけ荒ぶって、やっと落ち着いたときに気づいた。
これ、ほんとに大変なの、工員さんとスタッフさんやん…。
あかんあかん。こういうときこそ古参ファンががんばらないと!
社長がいないときこそナンセンスマシーン展を盛り上げないと!
20年ぶりの大阪なんやしーー!!!!

先ほどは失礼しました、
いっしょにがんばりましょう、
なんかあったらお手伝いします、
そしてバリバリはグラサン借りれるのでしょうか?
と明和スタッフさんにまたメール。

翌日明和スタッフさんから、
温かいお言葉ありがとうございます、
グラサンはありますのでご安心を、と返信あり。

まぴぃさんも一晩寝て
「大人げなかった。社長にその場におらんかったことを後悔させてやろう!」と。
2人は気合いを入れ直した。

はりつけられる

と、こんなことがあってねぇ、とダンナに言うと
「社長、ひどすぎる!!それはあかんやつ!!」と私以上に怒りだした。
(私が怒ってることに、私以上に怒るタイプ)
もう、私の中では収まったから。どうどう。

「それはそうと、おまえ、その腹どうすんねん」と。
この時、当日3日前。
あー…、どーしよー。
思ったほどひっこんでなーい…。
「こうなったら最終手段や。シャツをめくって腹を出せ!」と言い、私のお腹にぺたり。
スイッチオン!お腹ぶるぶるぶる…。

シ、シックスパッド!ロナウドのやつ!
なんでこんなええもん3日前に持ってくるん!もっとはよ出してよ!
っていうか、いつ買ったんよ!
「本来は1日1回やけど、時間がないから朝晩しなさい」
はい…。ぶるぶるぶる…。

おとなしくぶるぶるされながら、ダンナはこれをいつ出すか、黙って買ったちょっとした罪悪感を持ちながら考えてたんやな、と思うとおもしろくて。
私も明和パジャマを去年黙って買ったちょっとした罪悪感が薄れた。
(今年の事業報告ショーの前に告白済)

どうしても心配やし、念のため当日は青いスカートはいて行くわ、とダンナに言うと「保険をかけるな」と言われた。はい…。

絶望 そして一縷の望み

6/10(金)ナンマシ展初日。
メディア向けの製品説明会と囲み取材があるとのことで、急いでステージ前へ。
おかけんた師匠がボイスビブラーターで余計にええ声になったり、野性爆弾のくっきーさんがベロミンかぶったり、ロッシーがオタマトーンに話しかけたり、楽しいステージでした。
メディア向けの製品説明会と、一般のお客さん向けの製品説明会を堪能しつつも、気になるのはバリバリ制服とボンタンのサイズ感。

ウエスト、めっちゃくちゃほっそいやーーーん…。
こんなん入るわけない…。
絶望。

いっしょに行っていた明和電機お初の くまぁこちゃん と
「大丈夫やって~。入るって~。」
「無理や。終わった…。」
「いけるって~。サスペンダーあるんやろ~。」
「サスペンダーあったところで、こんな細かったあかんやん…。」
と不毛な押し問答。
東京からお越しの おおむらさん にも「太ももの辺りが男性物と女性物ではちがうから。もし入らなくてもしょうがない」と慰めてもらう。
そ、そ、そ、そうですよね。その時はしょうがないですよね。

絶望の中、なにも考えられず、入口近くの動画コーナーで座ってぼんやりしていたら、
「お話し聞いてもいいですか?」とカンテレ「ワンダー」の取材の人たちがやってきた。
いや、それどころやないけど。断り切れずしゃべってみたが、自分でもなに言ってるかわからない。
こんな受け答えでは、取材の方にも社長にも申し訳ない…。
どうかカットされてますように。
(6/15(水)OA。見事に不採用。残念!)

明日は青いスカートはいて行って、上だけバリバリやなと思いつつも、あきらめきれずにもう一度バリバリ制服を見に行った。
よーく見ると、どうもボンタンじゃない気がする。

社長サイズではあるだろうけど、これ普通のパンツっぽい!
ちょっと望みが出てきた!持ってる中で一番きついガードルはいて行こう!
ガードルの力を見損なうなよ!(まぴぃさん談)

そわそわそわ

そしていよいよ6/11(土)ツクバカラオケ当日。
朝はシックスパッドでぶるぶるさせ、ウォークマンに取り込んだ「一番ステキな体で行こう!」動画を何回も見ながら、昼前に大阪へ。

高知の猛者・まぴぃさんと合流。
若者工員3人ががんばるって言っても、こわーい先輩(タイチくん)が目を光らせてたりするんじゃないの?
まぁ、なんとかなるでしょう~。私のバリバリ制服以外は。
とか言いながら、いつもならランチにビールを入れるところを、今日はがまん。
体がしなやかに動くように、ドリンクバーにあったフルーツビネガーを飲んでみた。うすい。
すべて終わってからうまいやつ飲むんや!

気合いを入れたところで、ナンマシ展会場へ。
メールで指示があった通り、受付でカラオケ参加と伝え、料金を支払う。
あれ、歌う順番はまだ知らされてないな。
トリはいやだけど、しょっぱなでもいいかな、私は。
集合時間が来るまで展示品を見ていよう。


落ち着かん。
2人でそわそわそわそわそわそわそわそわ。

ステージでは楽器動作確認のリハーサルで、がしゃがしゃ音が鳴ってる。
思ってるより音がでかいぞ、これ。
そわそわそわそわそわそわそわそわ。
怜さんのぼっちゃんがいろいろおしゃべりしてるのにちょっと心がほぐれた。
かわいいのう、おぬし。

それでもやっぱりそわそわするので、展示をみるのはあきらめて、エーデルワイスの本を読むふりして、リハーサルの音を聞きながら曲当てをしていた。
「地プレ!」「社歌!」「エーデルワイス!」

前日、激励メッセージをくれた ぴろぴろさん(以前着メロ配信していて、今はバルーンアートされてます。入口にあったバルーンは ぴろぴろさんの作品)が
「社長から『○○のMIDIデータないか?』と問合せがあったけど、出張中でデータを探せないし、パソコンも壊れてるかも?とのことで、修復出来ず。」と言ってたな。
「○○」の人は曲変更かな。かわいそうに。
と、思っていたら「○○」かかった!おぉ~。
社長、出先でがんばったんやわ。よかった。

まぴぃさんの「ママは試験管」もかかって、プチリハーサル。
あれ、私のまだ?「い・ち・ば・ん・す・て・き・な」って練習したいぞ。
私たちが来る前に試運転終わったんかな。

緊張の試着


「ツクバカラオケご参加の方、お集まりくださ~い」とお声がかかった。
エントリーは8人。
あれ、タイチくん、いない。そうか、ほんとに若者だけでやるんや…。

「今日は社長がいなくて申し訳ございません。」と工員Bさん(舞台向かって右側)。
いやいや、準備大変だったでしょう。よし、みんなで盛り上げましょう!
「よろしくお願いします。本当なら社長がみなさんをいじったりするんですが、
ぼくは(立場上)しゃべれないので盛り上げられないので…。」
いじる、て。

まずは、歌う順番と曲目・オプションの確認。
1番 エーデルワイス(女性)
2番 社歌(怜さんのぼっちゃん)
3番 一番ステキな体で行こう!(私)
4番 ???
5番 ママは試験管(まぴぃさん)
6番 君はエプロン僕はパンタロン(男性)
7番 エーデルワイス(tatsumiさん)
8番 社歌(男性)

4番の方はこの時点でまだ来ていない。
歌は練習と本番の2回できる。
バリバリ制服を着るのは私とtatsumiさん。
ひとりずつご要望を伝えていく。

「えー、Kさん(私)は、パンチ君とレンダちゃん、プードルズですね。ご自身でかぶりますか?」
なんでやねん!かぶるのはあなた方です!
「かぶったら歌えないですよね」
まじなのか?まじで言ってるのか?
「この曲でプードルズだとダンスがないですけどどうしますか?」
「適当にハンドルをがしがししといてください。あと、名前を言う時はハンドルネームの『さばさし』でお願いします。それよりも!バリバリ制服を試着させてください!」

はぁ、運命の瞬間。どぅるるるるるー(ドラムロール)、じゃん!

てれれてってれー(ヲノさんのオルガンで)!

すぐダンナにもメール。よかった、と返信あり。
あぁ、ほんとによかった。ここさえクリアできればあとはノリでなんとか。

そして事件は起こる

と、安心したのもつかの間。トラブル発生!

「実は『一番ステキな体で行こう!』のデータが壊れてまして…。昨日から社長に電話とメールで連絡してるんですが、海外にいるのでつかまらなくて…。」

なんですってーーー!!!
だからさっきかかってなかったのか!
めっちゃ練習してきたがな!
「○○」の人かわいそう、じゃないやん!私やん!

「曲がないことは伝わってるはずなんで、ギリギリまで待ちますか?順番変わってもらって」
「待てば来そうですか?」
「んー…、望みはうすいです」
なんとー…。

「別の曲に変更していただいてもいいですか…?」
うそーん、と言いつつもバリバリ制服着てるし、他の方にかぶってなかったので
「じゃあツクババリバリ伝説で」と言うと、
「用意できるのが今日の方と明日の方の曲だけで、バリバリはないんです」
がーん。どうしよ…。

途方にくれかけた時、マネージャーさんが
「社長、つかまりました!データ来ます!」と飛んできた!
やったー!!よかったーー!ばんざーい!
しかし、これが明和電機か…。これがツクバカラオケか…。洗礼うけたわー…。

まぴぃさんもサバオマスク試着。前日に腰を痛めたまぴぃさん。
工員さんに助けてもらいながら立ちあがって、顔ぱっかーんの練習。
大丈夫かしら…。工員さん、両方から支えてやって下さい。
「ぼくらのダンスはどんな感じで?ぼくらよりもよくご存じですよね」
そりゃそうかもしれんけど…。

ひととおり打ち合わせが終わり、準備が整うまでしばらく待つことに。
その間、歌い手たちも衣装に着替える。
ついにバリバリ制服フル装備!
マフラーとベルトと腕のボタンは自分でできなかったので、全部まぴぃさんにしてもらった。
世話焼ける…。

サングラスは「この中から好きなの選んで下さい」と。

3人目のコイビート奏者キムラさんがかけてたであろうタレサンがかなり魅力的だったけど、やっぱりここは社長ので。
初回やし!

待ってる間にヒゲ博士コーナーの前で写真撮影。
今日来れなかった まいこー はヒゲ博士やりたかったやろうなぁ、じゃあ私はボール星人するわ、とか言いながら待機は続く。

進行の女性工員さんが
「ツクバカラオケ、予定時間ですがあと15分ほどお待ちください」と。
やっぱり押すのね。

Twitter見てたら社長がカラオケ心配ツイートしてる、と見に来ていた ピナクルちゃん。
心配はいいから、はよデータ送ってよ~!

気が付いたら、けっこう観客が集まっていた。緊張してきたよ…。

緊張しつつも振付と歌詞を思い出し、どうしても心配でウォークマンでもっかい聞いたりしていると、マネージャーさんが飛んできた。

「さばさしさん、曲データ、やっぱりだめです。」

まじかーーーー!!!!

がーーーーーーーん。
えーーーー…。あかんのかーー…。変更かーー…。

どうしようどうしよう。さんざんやってる「地プレ」か「イカリ」にしようか。

ここまでで思考がストップしてしまい、まぴぃさんにどっちがいいか助けを求めると、「イカリ」がええ、と。

そうか、「イカリ」か。
「イカリだとプードルズかぶると踊れないですが…」と工員Bさん。
「(泣く泣く)プードルズはキャンセルで。いっしょに踊って下さい!」
よし、しゃーない。腹をくくろう。

こうしてさばさしは「イカリを揚げよう」を歌う事になった。

曲準備と心の準備のため、tatsumiさんと順番を入れ替えてもらい、大急ぎで脱バリバリ。
(巻き添えくらわしてすみませんでした。そしてありがとうございました。)

土佐!!

社長が映像で登場。

「ツクバカラオケ、スタート!」の声で幕開け。
この辺りから「社長!さばさしさんが社長のせいでえらい目にあっているよ!」と謎の一体感が生まれる。

1番のエーデルワイス。
このツクバカラオケ、通常のカラオケと違い、メロディラインがないので歌いにくい。
そして、想像以上に音がでかいので、がんばって声をはらないといけない。
歌詞をカンペで出してもらいながらの歌唱。声が音量に負けてなくて、すごくよく出ていた。

Twitter見てみたら、社長が謝っていた。

ニセ広島弁をまくしたててみようかと思ったけど、考える余裕がなかった。

まぁいいや、と思っていたら、マネージャーさんが
「Kさん(私)、社長からお電話です」
はっ?社長からお電話ぁー!?
おそるおそる「さばさしです」と名乗ると、
「土佐です」
土佐ーー!!土佐だった!
(そりゃ自分から「社長です」とは言わんか。)

社長の声を聞くと、もうなにもかもどうでもよくなってなぜか爆笑。
社長も「ふはっ!」って。まさか電話越しで「ふはっ!」を聞くことになると思わんかったわ。
なんかいろいろしゃべっているけど、こっちの音量と向こうの電波状態のせいかよく聞き取れない。
「社長、もう一回言って下さい!」
「音データを今から作ります。そちらに届くのが2時間後。それまで待てますか?曲を変更しますか?」
2時間て…。
「社長はどっちが都合いいですか?」
「どちらでも。明日もこの曲はありますし。」
このままの雰囲気で歌いたい。ひとりで2時間後とか何の罰ゲームや…。
「変更します。イカリに。」
「わかりました。スタッフに伝えます。」
ちょっと迷ったけど、もうあきらめていたので…。
っていうか、この時点でまだチャンスがあったことに驚き。
そして脱力…。

しばらくすると携帯にメールが。
「明和電機 土佐です」
本日二回目の土佐ーー!!
「このたびは、たいへんたいへん、申し訳ありませえええええん!
(中略)…申し訳ありませんでした!
土佐
土佐ーー!!
もういいよー。私、がんばるよー。
ここで完全に「イカリを揚げよう」に変更となった。

2番の怜さんのぼっちゃんは、パンチ君とレンダちゃんのライトにびっくりして歌えなくなってしまうハプニング。
工員さんのコーラスだけが聞こえてくるというなかなかシュールな感じに。でも、あのまま泣かなくてえらかったよ!

3番に変更になったtatsumiさんはバリバリでエーデルワイス、工員さんはハンドベル。
そうか、ハンドベルか!tatsumiさんのウェービーな髪形がバリバリ制服に似合ってて、ちょっとミッシェル感も出ててよかった。

結局4番の方は現れず、5番のまぴぃさんに。
サバオちゃんとの会話からスタート。
「こんにちは~」
「こんにちは~」
「こーんにーちは~」
「こーんにーちは~」
「うるさ~い!」
…(絶妙なやりとり)
「なれるよ~」
「なれないよ~」
「なれるよ~」
「なれないよ~」
ちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃ…

会話も完ぺきやったけど、「ママは試験管」のイントロの入りがすばらしくバッチリ!
ここまでの3人は、始まりのタイミングがピタッと合ってなかったので、余計に感動。
後ろ向いてサバオマスクかぶって立ち上がるの、あんなによたよたしていたのに、すくっと立ちあがり、かっこいいー!ビバ!アドレナリン!
ぱかっと顔が開いたときの無表情(たぶん必死だった)具合も完ぺき。
今日のピークは間違いなくここ!社長に生で見せたかったー!

6番の君はエプロン僕はパンタロン。
パチモク背負って、ボイスビブラーターつけて、体がベルトだらけ。
歌、お上手でした。

気になりつつも私も準備を。バリバリ制服に着替え。
ぶっつけ本番で挑もうかと思ったけど、いや無理無理。
津山でのライブ動画をyoutubeで見て、ダンスと歌詞を思い出す。

うーんうーん。もうしょうがない。いったれ!

司会の女性工員さんの呼び込みで舞台へ。よっこいしょ。
「続いてはさばさしさんです。今回の中で一番賑やかなステージになりそうで。プードルズが登場し…」
「プードルズはでません!」
「失礼しました」
もう、なにもかもすべてひっくるめて明和電機イベントなのよ!

1回目の練習でだいぶ思い出したけど、歌詞が出てこない。
歌詞を見せてもらうも、頭に入ってこない。
2回目の本番の準備中に、社長のせいで急きょ曲変更になったので「社長ひどい」とツイートして下さい、と言っておいた。
そしていざ本番!


やったよ!やりきったよ!
手がちゃんと伸びてる私!よし!
いろいろありましたが、満足しました。

大トリは社歌。工員さんスタイルでめっちゃしっくりきて、シメにふさわしかった。
観客もノリノリで踊る踊る。

最後にまた社長の映像が登場。
「だーいせーいこー!!」
どこがやねーーん!
と一同総ツッコミ。

こうして記念すべき第一回ツクバカラオケ1日目は幕を閉じました。
出演者のみなさん、工員さん、スタッフのみなさん、おつかれさまでした。
その後、展示を見る気力はなく、まぴぃさんとピナクルちゃんと打ち上げました。


がんばった後のビールはうまい!

久々にたくさんビールが飲めてしやわせ~な気分で帰宅。
ダンナに「がんばってきたで~」と、急きょ曲が変更になったことを報告すると
「なんやねんそれ!おれ、そういうの一番いやなやつ!」
あ、いやいや、もうええねん。それも含めて明和電機やから…。私は満足したから…。
翌朝スマフォで撮った動画を見せたら、
「え、めっちゃ本格的やな。もっとしょぼいかと思った。ようがんばったね。」と。
ほっ。そして
「じゃあ、今日もしようか。出しなさい。」とお腹にぺたりと例のあれを貼り付けられた。
ぶるぶるぶる…。

名人賞とりました。

#さばさし

翌日のTwitterタイムラインに…



その後「一番ステキな体で行こう!」の曲データは無事に届いたようでなにより。

今回のツクバカラオケの模様はこちらでまとめられています。

明和電機史上、最もマニアックなイベント「ツクバカラオケ」まとめ。

またやりたい。

後日談

6/18(土)製品説明会に参加。始まる前にまぴぃさん、まいこー、takakoさん、あゆーみんさんとヒゲ博士前でうだうだしてると、背後からつんつん。だれや!
「先日はすいませんでした」って社長!
急に公開謝罪が始まって、すっと消えて行ったので、誰もカメラ用意できず。
せっかくのシャッターチャンスを…。

これだけでは物足りないので、サイン会の時に再度公開謝罪を求めた。

社長のおわびに喜んでいる人↓

一筆、謝罪文をかいてもらった。

さらに翌日6/19(日)、明和電機を見たことがない母と姪と義妹を連れて行った。
姪はチワワ笛ワークショップを体験(ほとんど義妹がつくってたけど)。
サイン会の時に「母です」と社長に紹介したら、「娘さんにはご迷惑をおかけしまして…」とまた謝ってくれた。母にはカラオケの一件を報告済。
「いえいえ、こちらこそ、おせわになってます。」と頭を下げ合っていた。
社長、もう許したろ。

スポンサーリンク