2002/10/05 10周年記念大接待inひらパー

◆1次会・ひらパーでケイドロ◆

初めて明和ワンピでおでかけ。
13時にひらパー前に集合と言うことで自宅を出発したのですが、枚方市駅に予定より早く着いたので、昼ご飯代わりにマネケンのワッフルをいただくことに。あと1駅だし、ゆっくりいこ、と思って乗った電車のアナウンスは「次は御殿山~。」えっ。乗り間違えた。こんな古典的なミスをするとは…。御殿山ですぐ反対の電車の乗りなおし。やっとの思いで枚方公園駅に着き、少々へこみながら歩いていると「さばさしちゃ~ん」と聞いたことある声が。振り返ると、朋輝ちゃん。そこから一緒に行くことにしました。2人で歩いていると、ひらパー前に見たことある青い人。やっぱりあの青は目立つね。自分も着てたけど。幹事団のまっつんとサスケちゃん、東京からお越しのありさちゃんにちんくまちゃん、最近よく会うぴろぴろおかん。あと数名お初の方々(名前は忘れちゃったけど、顔はしっかり覚えてますよ)。

大体揃ったところで園内へ。今回のケイドロの牢屋になっている場所へ移動。2列に並んでぞろぞろ歩いて、その場所のベンチにいらっしゃいました。接待相手の社長!と田井地くんと、電ジャー取材班とAERA取材班の方々。そして牢屋の主…。隣のベンチに寝ていたおじさんと社長は記念写真を撮ってましたが、あれは世に出るんでしょうか…。

幹事長のRさんとケイドロ隊長・坂本氏からの説明を一通り受けた後、刑事班(白ゼッケン)・泥棒班(赤ゼッケン)に分かれて作戦会議。
私は刑事班。社長と同じチームでした。見張りの順番を決めて、泥棒班が散った後、私たちも出動。最初はAERAのライターさんと一緒に行動。歩いていると、赤ゼッケンを発見。「はさみうちしましょう」と言うことで別れて見事にゲット。ライターさんが。私はそこまで走れなかった…。
しょっぱなからこんなことで、3時間も持つのかしら、と心配しながら、そこから別行動。ガイドマップを片手に、入っちゃいけないところを確認しながらうろうろ。

そろそろ、一般のお客さんにも「変な集団がいてる」のがばれてきている。
すれ違いざまに「白!なるほど、赤と白にわかれてるのねー」と言われたり。まさかケイドロをしてるとは思ってもみなかったでしょうね。そろそろくたびれたなー、と思ってたら、坂道から勢いよく車椅子が駆け下りてきた。赤ゼッケンつけてる!後ろからは坂本氏が走ってきている。これはチャンス。下で待ち受けて、はいタッチ。1人目逮捕~。そこから牢屋まで私が連行。
「どこから来はったんですか~?」なんてお話しながら、てくてく。岐阜から3時間かけていらっしゃったそうです。まあ大変。牢屋にはけっこう泥棒班が集まってきている。あと3人。よーし、この調子でどんどんいくぞ。

再びもと来た道をてくてく。
「まもなく野外ステージにて仮面ライダー龍騎ショーがはじまります」のアナウンスが聞こえてきた。ちょっと見たいなぁ。しかし今回は野外ステージは立ち入り禁止。遠くから…、と思ってたら社長発見。そして泥棒のRさんと朋輝ちゃん!あれ、さっき牢屋にいたはず…。物陰にはAERAのライターさんまで!加勢に行こうと追いかけたら、社長がものすごいスピードで朋輝ちゃんにタッチ。そのままRさんを追っかけて消えてしまった。後から電ジャー取材班のお姉さん2人があたふたしながら追いかける。たいへんだなぁ、こんな取材…。
朋輝ちゃんを連行する人がいなくなっちゃったので、いっしょにいると、やっとRさんを逮捕した社長が戻ってきた。どうやら田井地くんが捕まってた泥棒を助けたらしい。連行はそのまま社長が、私は次のターゲットを探しに。またまたてくてく。
今、牢屋に何人ぐらい捕まってるか見に行こうと思って行くと、牢屋後方の階段の高いところに田井地くんを発見。またもや、解放のチャンスを狙ってるご様子。こっちの方には全然気づかないので、そーっと降りていき、肩をポン。はい逮捕。
わーい、2人目~。そのまま牢屋に連行。

ちょっと疲れたので牢屋で一休み。
牢屋のスグそばにあるメテオ(高ーい所まで上がって、垂直方向に一気に落ちる怖い乗り物)に、田井地くんとRさんが乗る模様。よくもまぁ、こんな怖いものに…。見てたら、ぐんぐん上がっていって、足しか見えない。すぐ落ちてくるのかと思ったら、意外とタメが長い。でも落ちだしたら、あっという間。ちょっとふらつきながら帰還。
やっぱり怖そー。


そんな怖いものを後にして、またもや泥棒探しに。途中でレッサーパンダを発見。しっぽがめっちゃふわふわしてるのよ。かわいい~。そういえば友人Y氏が「動物園に行きたい」って言ってたなぁ。今度一緒に行くことにしよう。

そんなことを考えてるといつの間にやら、野外ステージに到着。
そして龍騎ショーを熱心に見てる社長を発見。小心者なので、声は掛けられない。取り合えず、後ろを通り過ぎた。するともう1人、熱心に見てた人を発見。まっつんだー。「やっぱり中身はこないよねー」って、そりゃあねぇ…。どうやらライダー3人衆は握手&サイン会をやっていたらしい。ん?サイン?何書くの?疑問を残しつつ、野外ステージを後にする。赤ゼッケンいないかなー。そろそろくたびれて来たぞ。と思ってると、発見、赤い服の人!私に気づいて逃げようとしてたけど、もうくたびれていたのか、あっさり逮捕。3人目~。

連行したところで、一旦休憩に。けっこうこの時点でくたくた。いい天気なのはいいけど、日焼けしたのか、ほっぺたがひりひり。社長は牢屋の近くにあった、氷点下100度の世界へ涼みに行ってはりました。
休憩の後、刑事班と泥棒班が交代。ゼッケンを交換して、再びケイドロ。

私は青いワンピに赤ゼッケン。こんなに派手だったらすぐ捕まるなぁ。と思いながら、隠れ場所を探しに出かけた。レッサーパンダの所は、生垣があってベンチもその後ろにあったなぁ。とりあえずそこで、レッサーを愛でながら潜んでおこう。でも同じ事考えてる人がもう1人。さっき私が捕まえた赤い人(ゴメンナサイ。お名前を忘れてしまいました)。とりあえず、ベンチに座ってると、白ゼッケンを遠くに発見。見つからないように生垣に隠れる。レッサーを見てたお子ちゃま、不信に思っただろうなぁ。
ここは危険そうなので、隠れながら、野外ステージの方へ。結構だれにも会わないもんだなぁ。野外ステージ脇にあった休憩所のベンチに座り、携帯をチェックしたら着信1件あり。お、彼氏からだ。大丈夫だろうと思ってさっそく電話。「今、泥棒でね、隠れてるとこなんよ」なんて言いながらふりむくと白ゼッケン!「あ、ごめん、捕まったわ」電話を切って、連行される。

牢屋には赤い服の人と坂本氏。くたびれてベンチに座り込む。今のうちのカバンの中を整理しておこうと、ひらパーの入場チケット見てみたら、ローソンチケット。あれ?団体割引じゃないの?と坂本氏に聞いたところ、団体割引よりも、ローソンチケットの方が安いんだって。へ~、知らんかった。
その間に続々と泥棒が逮捕されてやってきた。そうこうしてると、後方に青い影!社長が助けにきてくれた!はやくー!発見したサスケ刑事ともう1人の刑事さんがはさみうちに。きゃー、社長逃げて~。見事に逃げられました。すげー。
はっと気がつくと、刑事が一人もいない。これはチャンスだ。坂本氏と後から捕まってきてたまっつんが脱走。私はもうくたびれてたので、社長が捕まってくるのを待っていたのでした。

そういえば、せっかく遊園地に来たのに何にも乗ってないなぁ。と言ってると、サスケちゃんが「あれどう?」とあの怖いものを指差す。せ、せっかくだし乗ってみるか…。勇気を振り絞っていざ。きっとあっという間よね、とか思ってたら、上まであがるのにも時間かかるし、落ちてくるのにも結構時間かかった。うわー、こわかった。もうへろへろ。
下りたら朋輝ちゃんが戻ってきていた。「あれ乗ろうと思って」と指差すのは空中ブランコ。ちょっと足にきてるけど行ってしまえ!朋輝ちゃんとイルカのバルーンを連れてた西谷さんと3人でぐるぐる。うわー、頭の中がぐるぐるするー。回ってる途中で、逃亡中のまっつんを発見。がんばって逃げてー。

回り終わって降りたら、ぴろぴろおかんが、ひらパーに遊びに来ていた人に「何の集まりですか?」と声をかけられていた。「明和電機の・・・」と説明をし、「へ~」という返事を頂いた。「で、本人があちらに。」「おお~、芸能人を生で初めて見た~。」「どうも。これデザインしたの、僕です。」とメテオを指差す社長。「すごいっすね~」と握手。九州から「社長に会い」にいらっしゃったと言葉を残して去っていきました。

で、社長はメテオに乗るご様子。それに続いてサスケちゃんが並んでる!え、2回目よ?すごいなぁ、と感心してたら、またもやまわりが騒がしくなった。今度は中学生と思われる女子が3人ぐらい。メテオに乗り込む社長に、「な?ゆーたやろ?絶対そうやってゆーたやろ?」とキャーキャーいいながら柵越しにカメラでパシャパシャ。今回の大接待参加者は、だいたい同年代が多かったし、明和つながりのお友達もだいたい同年代なので意外な感じ。誰ピカ見てたので知ってたらしいですが、やっぱり、こういう場面があると、社長って芸能人なんだなーと実感。東京接待に参加していたありさちゃんに「東京でもこんなんだった?」と聞いてみたが「いや、こんなのはなかったよ」とのこと。関西ならでは?

メテオ組が普通に帰ってきたのにびっくりしたあと、「これ乗る人~?」とトップスピンを指差す社長。3連チャンはつらいけど、やっぱり乗ってしまえ~。「え~、こわいよ~」と渋ってた朋輝ちゃんも「接待でしょ。」と社長に言われたら乗るしかない。
ほぼ全員乗り込んだ。乗ってる客もほとんど私たちだけ。スカートを気にしながら、見ていたぴろぴろおかんに手を振ったりしていたけど、振り回されてるうちにそんな余裕は無くなり、終った頃には放心状態。
す、すごかった・・・。ひらパー、あなどってました。

ここでケイドロは終了し、「2次会までまだ時間があるので、乗り物乗りたい人は乗ってきてください」ということになり、「社長、乗り残しは?」「じゃあ、ジェットコースターに」。私を含めた数名はそれについて行った。

ここのは木製ジェットコースター。1回転とかはないけど、木製なのでギシギシ音がして、また違ったスリルが味わえるもの。乗り込む前に「3つ目のドロップで写真を撮ります」の記述を発見。いやー。ありさちゃんと「こわいこわい」と言いながら乗り込んで、ジェットコースターは動き出す。急な上り下りにキャーキャー言いつつも「1つ、2つ・・・。」と下りをカウント。隣のありさちゃんは手を離してる!そしていよいよ3つ目。せめて見れる顔に映りますように、とがんばって目をあける。フラッシュがピカピカッ。多分大丈夫。ここでも散々振り回され、ジェットコースターは終了。
またもやへろへろになりながら降りて写真を見に。でもやっぱりブサイク。まあ、はなっから買う気は無かったけどね。それよりも一緒に乗っていた人たちが、社長の写真をご購入。お、じゃあ私も。あとで社長にサインを頂く。あー、いい思い出・・・。

ジェットコースター次発部隊を待っている間、ありさちゃんのドルフィー・翔之助さんを見せてもらう。これが結構重い。よくこんなに重いものを担いでたねぇ。次の日、ちんくまちゃんと万博公園へ撮影会をしに行くそうな。面白そう・・・。

次発部隊が戻ってきたら、集合場所へ向かう。その途中で、車椅子で参加されていた方の車椅子をみんなで見せてもらう。これがおしゃれでかっこいい車椅子。お尻にしいているクッションをはずしてみたり、本体を折りたたんでみたり、「持ってみたら結構軽いのよ」と持ち上げてみたり。社長もAERAのライターさんも興味津々。「すごいね~」と言ってる間に、待ち合わせの時間。
ここで社長と田井地君とは一旦お別れ。電車で2次会会場へ。

◆2次会・枚方市駅近くのつぼ八で宴会◆


私たちがお店についた時には、社長と田井地君はもう席についてらっしゃいました。やはり小心者っぷりを発揮し、社長の近くには座れない。隅っこにちょこん(?)と座らせていただいた。両隣はぴろぴろおかんにちんくまちゃん。前にはRさんと坂本氏。全員が席に着いて開宴。

司会は緊張気味のサスケちゃん。幹事長Rさんからのお話の後、抜き打ちイベント「幹事長とケイドロ隊長が来月ご結婚されます」と花束贈呈。すてき~。「では社長、お祝いに一言お願いします。」と言われ、戸惑いながらも「はじめはお互いいけすかない奴だなーと思ってたんですが、この接待の準備で徹夜をしたとき、朝ふと目を覚ましたら、彼がフレンチトーストを作ってくれていて、その彼のやさしさに彼女は心を動かされ、現在にいたったと言うわけです(うろおぼえ)」なんて小話を聞かせてくれました。こんなの一生の思い出よね~。
社長の乾杯の音頭の後、しばしご歓談。

「このイベントの準備と結婚の準備の同時進行だったからたいへん」とRさん。そうでしょうねぇ。「お二人のお付き合いのきっかけは?」「つきあってどれくらい?」「結婚に至るきっかけは?」と新婚さんいらっしゃい状態。
テレテレのお二人さんでした。ええのう、ええのう。

「せっかくなので、自己紹介しましょう。」ということになった。
一番奥に座っていた西谷さんから順番にまわってきて、電ジャースタッフの方・AERAのライターさん・社長を経ていよいよ私の番。名前とハンドルネームを言ったところ「あ、知ってる」というありがたいお言葉を社長からいただきました。やったー。
そして自分のHPとかつみさゆりHPの宣伝。「かつみさゆりとはNGKで一緒に出ました」と社長。そうだったっけ?私が見に行った日には出て無かっただけなのかしら?かつさゆHPの企画モノ(終了しました)の宣伝もして、次のちんくまちゃんへバトンタッチ。
はー、緊張した。社長の頭の片隅にでも「さばさし」という言葉が存在してるっていうことがどきどきもの。地味でもファン活動してて良かった…。自己紹介の大トリはマネージャー・田井地君。うーん、何言ってはったのか忘れちゃった…。

そんなこんなで自己紹介は終わり、またもやご歓談。社長はありさちゃんとちんくまちゃんのドルフィーに釘付け。ライターさんやまわりに居た人たちも興味津々。私も抱っこさせてもらいました。ほんと、よくできてます。ちんくまちゃんのさなぎちゃんとヅラ交換してみたり、頭を開けられたりしてました。

席に戻ったら、Rさんとぴろぴろおかんが奥さまトーク。
「はんことか作り直すのめんどくさいのよね~」など。そうなのか。将来のためにめもめも。ふと気がつくと隣がぴろぴろおかんからAERAのライターさんに代わってた。「ちょっと、お仕事させてね。」と、取材が始まった。
「明和電機の魅力って?」と聞かれた。それはもう「おもしろい」の一言。
「どうおもしろい?」って、えーっと…。いろいろ考えながらしゃべりまくった。
「明和好き好き」っていう話は、ところかまわずしてる私だけど、「どう好き?」って言うことをこれだけ語ったのは初めてかも。
「明日は赤穂までお父様とお母様に会いに行くのよ。お父様って元海賊なんでしょ?」「それはご先祖様!」大阪ならではのボケと突っ込みを披露した後「ありがとう。じゃあ次の人。」と順々に回っておられました。どんな記事になるのやら。楽しみ。

次はその辺にある飲み物を手当たり次第飲んでいた田井地君を捕まえた。
記念にパチリ。「ワタクシ、こういう者です」と名刺を渡す。かつさゆバージョンを上にして。「知ってるよー」とこれまたうれしいことをおっしゃる。関西出身の田井地君には「かつみさゆり」のかつみよりも、「どんきほ~て」のかつみの方が印象にあるらしく、「前髪が…、前髪が…」を連発。
この前のライブの話になり、「田井地君は売り子でしたねー。もう工員しないの?」と聞くと「テレビでやってる。マネージャーでついていってるのに、タレントと一緒に着替えてるんやで?知らない人からは『おまえ、何者やねん』っていう目で見られる」ですって。でもそれってとっても吉本的。ダウンタウンの歴代マネージャーも結構出てるし、この前辞めはった木村さんもねぇ。
公式HPの管理って大変よね、という話をしたら「明和のHPってどう?」と聞かれたので「公式HPとしては理想的だと思いますよ。ココを見たら明和のこともイベント情報とかも全部わかるし。」と回答。喜んでいただいた。でもほんと、そうよね。どこぞのオフィシャルサイトは管理人よりもBBSにカキコミしてるファンの方が詳しいんだもの…。「BBSの書き込み記事の管理に一番気を使う」と言う話をしながら、「また機会があれば見てね」と宣伝。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、もうお開きの時間。店を出る前に、社長に今日使ったゼッケンにサインを頂き、名刺も渡す。2ショットの写真も撮ってもらい、ご満悦。
店を出てからは、本日の参加者全員で記念写真。カメラマンは田井地くんと坂本氏と電ジャースタッフさん。誰のカメラが一番綺麗に撮れてるかしら?

これで本当にお開き。社長とスタッフの皆さんとお別れ。ほんとに楽しかったよ~。またこんな機会があればいいのになぁ…。

GOLDEN☆BEST ALL OF 明和電機
GOLDEN☆BEST
ALL OF 明和電機
MECHATRONICA [DVD]
MECHATRONICA [DVD]
ジホッチ(PaleBlue)
ジホッチ(PaleBlue)

スポンサーリンク