1999/08/25 百貨展in神戸大丸

南京町で腹ごしらえし、いざ大丸へ。
会場入り口のポスターを見つけてさっそく腰砕け。とりあえず写真に収める。
ホールinラブの時にもらったチラシで割引入場する。

入るとまず、メイワ君に会う。こんにちは、来ましたよ、と挨拶しながら中へ進む。結構広く、魚器たちがほんとにでかいのにびっくりする。
真っ先に目が行ったのは、ドスコイ。魚の顔のグロさと、ドスの輝きっぷりに心打たれる。動いてるところ、見たかった・・・。そして順々に魚器を拝んでゆく。ありがたや ありがたや・・・。
お目当てはもちろん、コイビート。はー、やっぱかっちょいーわ。横にいるつれをほったらかして、社長に思いをはせる。
コイビートとくれば、次はパチモク。今回は「鳴らせる」のだ。さっそく鳴らす。
「コンッ」会場内に鳴り響く。ほんまに、あの音がするー!副社長のまねして「コンッカッ、コンコカッ(わかる?)」ってやりたい衝動にかられるが、恥ずかしいので辞めておく。

魚器を一通りみると、ELD&プレイメイドデモ。君かー、ヲノさんの職を奪いそうになった娘は!ツクバのジオラマも堪能し、 次はツクバシリーズ。そこで流れていた、ツクバシリーズのビデオに見入ってしまう。現物がそこにあるのに。こちらでは、ホールinラブで副社長をダジャレ王にしてしまったウルトラフォークⅡが動かせる。「ジャラジャラジャラーン」とりあえず鳴らしとく。

今日はプチプチもらえんなーと思いながらプチプチパンチを見ていたら、すっかりほったらかしていたつれがとんでくる。「ホンモノがおる!」ほんもの?

「はうあー、副社長ーや!」

いらっしゃった。
すでに親子連れに囲まれている。その様子をドキドキしながらうかがう。
親「写真撮らせてもーていいですか?」
副社長「(展示品を気にしつつ)・・・いいですよ」
でかした、親!ころあいをはかって便乗する。

「あのー、私もお願いします」
と近づき、つれにカメラを預ける。めでたく2ショット!
「サインも・・・。」と、手帳を差し出す。
「お名前は?」「ナミです」

と伝えると、イラストつきのステキなサインをしてくださった。もしやと思ってサインペン買っといてよかったー!「ありがとうございます。がんばってくださ い。」と握手でお別れ。副社長の手は、あったかくて、思ったより職人ぽかった。
あんまりじろじろ見るのもなんなので、ツクバシリーズの見学に戻るが、気に なってしょうがない。しばらく展示品のチェックをしていたようだが、何時の間にか居なくなっていた。がっかり。

がっかりしたので、次のエーデルワイスを見に行く。ワンピースに見とれる。はぁ、かわいいなぁ。こんなん着てー!入らんやろうけど。そのままGM魚器の方へ。いつかは手に入れたいと思いながらコイビートの方へ行くと「本日『千客万来』出演のため出張中」と書いてある。なぬー!副社長、それでおらんように なったんか!急いで家にTELして録画を弟に頼む。そしてGM魚器を見ながらお金を貯めることを決意(決意のみ)。

充分堪能し、ポンヨリしながらお土産コーナーへ。
ついにアレを手に入れる時が来た!引き換えハガキをナッパ服のお姉さんに見せると出してくれた。
箱でかっ!そう、私は作業服(上着のみ)を手に入れたのである。絵ハガキや新聞、パンフレットを買い漁りついに会場を出る。

コイビートはかっこいいわ、副社長に会えるわ、写真撮るわ、サインもらうわ、作業服手に入るわ・・・。なんとも贅沢な気分で、でかい紙袋を方から提げながら神戸大丸を後にした。

その後、そのままアランジ・アロンゾの展覧会もに見に行く。
身内で仕事してる人に弱いんかな、私。

明和電機 魚器図鑑
明和電機 魚器図鑑
明和電機 魚コードのできるまで
明和電機
魚コードのできるまで
オレは宇宙のファンタジー
オレは宇宙のファンタジー

スポンサーリンク